【広告詐欺】2016年オススメのガッカリ映画【広告詐欺】『ブラックスキャンダル』【広告詐欺】

明けましておめでとうございます。

今日は観て損をするオススメのガッカリ映画を紹介したいと思います。

 

映画は年6本くらい(!)は観てる私が言うので間違いないです。

 

ネタバレを多分に含みますのでご注意して下さい。

 

記念すべき一発目は

『ブラックスキャンダル』

実話を基にしたストーリーで、主演のジョニー・デップ地毛を抜いてまで役作りに挑んだことでも有名。

ジョニー・デップベネディクト・カンバーバッチ、ジョエルが出ている、主演級の3人を携えたとても豪華な配役です。

あらすじ(公式サイトより)

1975年、サウスボストンでアメリカの正義の根幹を揺るがす史上最悪の汚職事件が起きた。
マフィア浄化に取り組むFBI捜査官のコノリー(ジョエル・エドガートン)は、イタリア系マフィアと抗争を繰り広げるギャングのボス、バルジャー(ジョニー・デップ)に敵の情報を売るよう話を持ちかける。FBIと密約を交わし、情報屋の立場を悪用して敵対する組織を壊滅に追いやるバルジャー。出世欲の強いコノリーと名声を望む政治家のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)もまた、彼と手を組み権力の座を駆け上がっていく――。そう彼らは同じ街で育った幼馴染だったのだ。悪の象徴であるバルジャーにより徐々に取り込まれていくFBI、思惑とは別に欲望の歯車が狂い始める――。
やがて地元紙のスクープで彼らの悪事が明らかになった時、彼らに訪れる衝撃の結末とは。ギャング、FBI、政治家が手を組んだ、アメリカ史上最悪の汚職事件=スキャンダルがいま暴かれる!

 

こんな感じのクライム・サスペンスです。

ギャングボス・FBI・政治家が手を組んで悪事を働いた!ってCMでも煽り文でも盛んに言ってますが

ガッカリポイント❶

ベネディクト・カンバーバッチ(政治家)が全然出てこねえ

 

政治家全然出てきません。大半はジョニー・デップとジョエル、ギャングとFBIだけの物語です。

もっとこう、政治家もノリノリで悪事に加担して政治力で壮大に隠蔽した!とかを想像したのですが、全然違いました。

広告詐欺かよって言いたくなりました。

あんだけポスターとかCMで3人出てきてたのに映像出て来るのほぼ二人って、そりゃ怒りますよ。

 

 

とりあえず以上ががっかりしたポイントです。

あとツタヤのレビューにはこんな意見もありました。

f:id:pikisugi1919:20170215020422p:plain

ジョニーデップが怖すぎたため、☆3個というしょっぱい評価が付けられていました。

スエさん、その怖さこそ最大の緊張感をもたらしてくれる、この映画の良いところです。

ギャングとしての『怖さ』を出すためにジョニーデップが地毛を抜いてまで役作りに挑んだことを承知した上での☆3なのでしょうか?

引かれた☆2個はどこへ行ってしまったのでしょうか?やはりベネディクト・カンバーバッチが出てこないから2個引いたのでしょうか?

そもそもジョニーデップが怖い役をやるのは何ら珍しいことではなく、『シークレットウィンドウ』では狂気の殺人作家、『トランセンデンス』では文明を破壊する恐ろしい役をやっています。

スエさん、是非パイレーツ・オブ・カリビアンアリス・イン・ワンダーランド以外のジョニーデップ主演作も観て下さい。

 

 

伊丹市の王、Amazonとの甘い関係

こんにちは

みなさんは

Prime Now

 

というサービスをご存知でしょうか。Amazonが始めた、対象エリアでのお買い物が1時間以内に届くプライム会員向けサービスです。

とても注目されているこのプライムナウですが今のところこのサービスの対象エリアは日本でもごく一部の地域だけで首都圏の一部の地域、大阪の一部、そして兵庫県の一部の地域のみが対象になっています。

そして次にこのプライムナウのよくあるご質問コーナーの画像を見て下さい。

f:id:pikisugi1919:20161214052934p:plain

 

f:id:pikisugi1919:20161214053140p:plain

f:id:pikisugi1919:20161214053145p:plain

 

なんと、その兵庫県の対象エリアがあの伊丹市の王と言われる垂泰弘の住んでいる地域が含まれているのです。

他の対象エリアは人口が集中している大都市なのに何故伊丹市が?

不自然ではありませんか?

これ以上追求すると、私とこのブログもアンチテア監視網に引っかかってしまうので言えませんが、この画像は揺るぎない事実です。

 そしてAmazonは、プライムナウの対象外エリアに住む人の料金を下げるべきです。

何故なら、同じ料金を払ってサービスの差が生まれるのは不公平だからです。

f:id:pikisugi1919:20161214054508j:plain

(私信)大川隆法様へ・西郷隆盛の降霊についての意見

※私は信者ではありません。隣接次元と無限の宇宙の拡がりのコントラストに思いを馳せるだけの一般人で家系的・教育的にも完全なる無宗教です

 

先日、再来年のNHK大河ドラマは主演に鈴木亮平さんを据え、西郷隆盛を主人公にしたものであることが発表され大きな話題になっています。

これに伴い(もしかしたらもう過去にしているかもしれませんが)西郷隆盛の降霊を大川さんは試みるのではないでしょうか?

その点について1つご意見があります。

大川さんは「性の喜びおじさん」をご存知でしょうか?

www.nicovideo.jp

 

 彼はその独特の言語センス、言動の説得力、そしてその西郷隆盛似の風貌により今ネットの一部で熱狂的なブームをまきおこしている人物です。最近は毎日のように彼が京王線沿いで発見され、彼の新しい動画がアップされています。

正直、ここまで目立つ逸材がどうして今まで出てこなかったのかは大きな疑問点であります。

物事には原因と結果があり、時としてその因果のバランスは崩れ、我々の現実の前に現れます。

大河ドラマ西郷隆盛になったこと、そして性の喜びおじさんのその風貌が西郷隆盛と似ている事は決して単なる偶然ではなく

2018年は西郷隆盛の年になる』 

という神の意思による決定なのです。

そしてその「意思」に従い、西郷隆盛の霊が隣接次元から性の喜びおじさんに「降霊」しているのです。

なので現在ではあまり見られない独特な言い回し、その堂々たる態度にもしっかりと説明が付きます。

問題はそこで、今現在西郷隆盛既に性の喜びおじさんに「降霊」してしまっているので、大川さんが試みても西郷隆盛の降霊には失敗するはずだ、ということです。

既に降霊している霊を自分に降霊させることは出来ません。

なので、西郷隆盛降霊インタビューをする際は、ご自身が降霊するのではなく、性の喜びおじさんをゲストとして招き、降霊中の西郷隆盛に直接話を伺う逆インタビュー方式を取られることをおすすめします。

 

 

【注意】警戒してください!警戒の方法

こんにちは

今日は皆さんに警戒してほしくて、ブログを書きました。

警戒って知っていますか?警戒とは、自分の身を守る予防策で、事前に危機を回避する術です。

やっている人をあまり見かけない珍しい術なのですが、今日は私が知っている範囲で、警戒のやり方を紹介したいと思います。

 

近づかない

基本的に近づかないでください。近づくと物理的にもそれだけ危機が迫ることになります。離れて下さい。

 

常に警戒すること

相手の一挙一動を細かく警戒してください。何か動きがあれば、それは貴方を脅かす一手となりえます。常に警戒を怠らないようにして下さい。

 

③逃げ道を確保する

万が一上記の2つをしても危機が去らない場合、逃げ道がなければ生きて帰ることは出来ません。

かならず一番最初に逃げ道を確保してください。これが最優先です。

 

以上が基本的な警戒のやり方です。あまり警戒というのは馴染みがないかもしれませんが、非常に大切なことなので意識して生活すると良いかもしれません。

 

 

 

 

やくみつるに心の底から侮蔑されてしまったら、どう生きていけば良いのでしょうか?

私の生活は、やくみつるでできています。

Qさまは毎日録画して見ていますし、やくみつるが実況解説にいる大相撲中継もできるだけリアルタイムで見るようにしていますし、やくみつるが描いている漫画『タッチ』も原作はもちろん、アニメも全部コンプリートして今だにたまに見ています。

なのに、やくみつるポケモンGOをプレイする私を心の底から侮蔑しているそうです・・・

どうしてでしょうか?

私がポケモンGOをアンインストールしたら、侮蔑されずにすむのでしょうか?それとも一度でも楽しんでしまったものとして、一生やくみつるに侮蔑されながら生きていくしか無いのでしょうか?

とても、かなしいです。

もし、都内でやくみつるに会ったら、私はやくみつるを見ても良いのでしょうか?見てはいけないほど、やくみつるは私のことを心の底から侮蔑しているのでしょうか?

やくみつるは都内にいるのでしょうか?

 

他の方も、やくみつるに心の底から侮蔑されながらポケモンGOをする決心はできているのでしょうか?

私はまだできていません。

やくみつるの侮蔑は、これからも続くのでしょうか?

私は、どう生きていけば良いのでしょうか?

 

大相撲・∀場所 千秋楽

結びの一番、今場所全勝の横綱モビルスーツターンXと今場所は怪我の影響で3敗でもう優勝争いにはいません、横綱白鵬

過去の対戦成績はターンX4ー4白鵬とどちらも互角です。

リポーターの三瓶アナウンサー、それぞれの力士の調子はどのような感じでしょうか?

三瓶「はい、ターンXは気持ちが非常に充実しているようで、『今日は気迫で勝ちます』と、自信有りげにおっしゃっていました。一方の白鵬の方は、怪我の影響を気にしているせいかかなり不安げな表情で、『恐怖です』と横綱らしくないコメントでした。」

ありがとうございます。

今月はターンXは全勝、内容にも全く隙がありません。特にまわしを取ったときの馬力には眼を見張るものがあります。

もう今場所の優勝は決まっています。

 

さあ、千秋楽結びの一番、待ったなし、立ち会いです。

激しいぶつかり合い!

ターンX、左のまわしをとりますが白鵬も必死に攻めます、そのままターンX白鵬を押していく!土俵際白鵬粘りますがターンX寄り切りました

 

 

劇場版機動戦士ガンダム00の罪

こんにちは

今回の記事は内容に共感を得られるかどうかどうしても知りたいので書きました。

 

私はガンダム作品が好きです。特に一番最初の作品、俗に言う1STガンダムが一番好きです。

現実世界で起こっている戦争や地球環境破壊というテーマ、複雑な人間関係が織りなすドラマ。子供向けアニメと言えど大人の鑑賞に耐えうる不朽の名作だと思っています。

今ではアニメや書籍や漫画、数え上げたらキリがないほど様々派生作品が作られていて、もはやガンダムワールドという1つの世界観とも言えます。

その中の1つ、『劇場版機動戦士ガンダム00

 

ざっくりとしたあらすじとしては、地球外から来た謎の金属生命体と主人公たちが敵対し戦うが、最後は共存の道を辿ってハッピーエンド、という感じ。

そしてタブーとは、その「地球外から来た謎の金属生命体を作品に出してしまったこと」です。

何がいけないのか?人間VS宇宙人なんて珍しくもないじゃん?と思われるでしょうが、(SD系は見ていないので分かりませんが)実はアニメのガンダム作品で「宇宙人」的なものが出てくるのはこれが初めてなんです。

その意味はガンダムファンとしては、かなり大きいんです。

話は1980年代前半に遡ります。

世は空前のガンダムブーム、社会現象とまで言われたほどガンダムは盛り上がっていました。

何故そんなにガンダムがウケたのか?それは子どもだけでなく、大人が見ても面白い作品だったからです。

では何故大人を面白いと思わせたのか?それまでのロボットアニメと何が違うのか?

理由はもちろん沢山あると思いますが、大きな理由の1つとしては、

『リアルな人間と人間の血なまぐさい戦争』

を描いていたからだと言えると思います。

それまでのロボットアニメは宇宙戦艦ヤマトにしても、マジンガーZにしても、ザンボットにしても、『人間VS宇宙人』だとか『正義VS悪』だとか、わかりやすい「勧善懲悪」ものばかりでした

しかしガンダムは主人公側にも共感できるし、敵方にも共感できる、『人間と人間、正義と正義のぶつかり合い』の物語でした。

きっとそこがウケたんだろうと思います。

ここで話を現在の劇場版ガンダム00に戻します。

この作品は紛れもなく『人間VS宇宙人』の構造を取っています。

構造がそうだからというだけで批判をするなと言われるかもしれませんが、ガンダム作品とは「人と人の戦争」を描いてこそ、ガンダムなのではないでしょうか。

いくら最終的に理解しあい・共存するハッピーエンドだったとしても、そこは人間同士じゃなければガンダムとしてしっくりこないのではないでしょうか。

それは、何故ガンダムがここまで世の中に認知されているかの根本を覆してしまっているような、そんな気がしてなりません。